医学部予備校ナビの口コミで選んでいく

医学部を目指している学生は年々増えています。景気が不安定な中、 医師になれば収入も安定しているということはもちろんですが、名声も手に入れられるということもあるようです。

国立医学部は受験科目も多く難関

ただ医学部に入学するためには、一般的な大学受験をはるかに超える努力や精神力が必要とされるからです。 それは国立であればまずは、センター試験で9割ちかく得点することが求められます。

これはそんなに簡単なことではないです。というのは、国立の場合、科目数がとても多いです。 国語、数学、英語、理科、社会の中でさらに、漢文、古文、数Ⅰ.数Ⅱ.数3、生物、化学、物理、政治経済、 倫理などの分野をとっていく必要があります。分野も学校によって理科は物理化学が必修とか、 生物が必修などがあるので、志望大学にあわせて選ぶ必要があります。

このようなたくさんの科目で9割ですから1科目でも苦手分野があってほかの科目の足をひっぱってしまう ということは許されないといってもいいのです。だれでも苦手な科目くらいあって当たり前なのですが、 国立医学部を狙うのでしたら、それは致命傷といっても言い過ぎではないのです。 しかも二次試験の問題はセンターが暗記で対処できるとしたら、二次は応用です。 暗記だけでは対処できない問題が多いので二次試験のためにさらに勉強していく必要があるのです。

私立医学部の場合

また私立医学部の場合は国立とはまったく違うタイプの勉強が必要になっていきます。科目こそ少ないですが、 だからこそかなり深いところまでの理解をしないと太刀打ちできなのです。また問題も大学によってかなり 傾向がちがってくるので、志望大学に合わせてしっかりとした対策をとらないと合格は遠いです。

ですから国立と私立ではまったく違う勉強法が必要になってくるのです。しかも対策や傾向などもかなり とらないと学力があったとしても合格することができません。これは個人のレベルでできるかというとまず、 無理です。それにや予備校や塾にはいってしっかりと対策をとる必要があります。ですから予備校選び というのが、 かなり重要になってくるのです。

医学部に強い予備校選びが大事

医学部の特化した予備校というのはいろいろありますが、すべてがすごい合格実績というのがだせるというものではないのです。

そうそうたる実績を出している予備校というのは、そこにはたしかなノウハウというものがあります。

それをしっかりと調べて自分にあったものを選んでいくことが必要になってくるのです。まずはネットの口コミ情報というのを集めていくことが必要です。また予備校では説明会というのをやっているので、気になったところの説明会にいってみるというのもいいでしょう。予備校の方針とか、ほかのところとちがったところはどういうところなのか、生徒に対してどのようなフォローをしているのかなどしっかりと調べていくことが大切になってきます。ある程度口コミと説明会で候補がみつかったら、実際に体験授業をうけてみることが必要です。どんなに口コミがよくても、その人に合う合わないというものはあるからです。体験授業をうけてみていいと思ったら、春期講習など短期の講習に参加してみるのもいいでしょう。体験授業というのは1回ですしそれでは、よくわからなくても2週間程度の講習をうければ各教科の先生の教え方や、フォローがどういうものがあるのかもわかるからです。

そして少しでも違和感を感じたら、室長などに質問をしたり、こういうことをやってほしいと積極的に聞いてみるといいのです。

医学部というのはただ、受け身の状態では合格を引き寄せられるものではないです。自分が苦手とするものを克服したり、 より学力をあげられるためにどうしたらいいのかを積極的に話していくことが必要になってくるのです。




私が参考にしたサイト
【仮面浪人医学部合格の記録&医学部生の受験勉強法解説】
浪人する人向け~予備校編~
【医学部予備校の一括資料請求】
医学部予備校受験ナビ